その他

連載

住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の見た!聞いた!驚いた!(31)/不動産の環境/「変質しにくい」商品/一方で状況は絶えず変化

 土地は腐らない。時代遅れにも、流行遅れにもならない。鮮魚や洋服、パソコンといった世の中の他の「商品」と比べて大きなメリットとなる。一方で、土地を取り巻く不動産環境はめまぐるしく変化する。これまでの経験から言うと、だいたい3カ月スパンで状況が変わってしまう。  例えば、1月から3月までは地価が下がり続けていたが、4月から状況が変わり、6月までは下げ止まりの状況になる。7月から9月は地価の上昇が始ま ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月22日