その他

連載

日米 不動産事情(2)/グリーンスパン氏から学ぶ/大切にした市場感覚/住宅不動産にも強い関心

 06年1月末に80歳でFRB(正式にはFederal Reserve Board=米連邦準備制度理事会=アメリカでは通称Fedと略している)の議長(Chairman)を退任後、一人の市民に戻ってから初めて公のコメントを発表し、米国内の主要紙がその模様を軒並み報道したことがある。これはアラン・グリーンスパン(Alan Greenspan)氏が06年5月下旬にニューヨークで開かれたボンドマーケット協 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月22日