行政

その他

茨城県/団塊世代の県北移住・二地域居住/経済波及効果は552億円

 茨城県は、定年退職を迎えた「団塊世代」が県北地域(日立市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・ひたちなか市・常陸大宮市・那珂市・東海村・大子町)へ移住または交流・二地域居住をした場合の経済波及効果についてまとめた。  県では、首都圏からの近接性を生かして、県北地域の豊かな自然の中で生活と体験交流を楽しむライフスタイル「いばらき さとやま生活」を政策として進めており、今回の調査は、これを実際に実施するこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月22日