不動産証券化

その他

日興シティグループ07年のREIT見通し/買いの主役は国内投信/オフィスが指数を牽引

 日興シティグループ証券は2007年のJ―REIT市場は引き続き堅調なパフォーマンスを出すと予想する。06年の東証REIT指数は28.8%の高リターン(配当込み)で、TOPIX(2.9%増)と東証不動産セクター(14%増)を大幅に上回ったが、この投資口価格の上昇は、他の金融商品とのリスクとリターンの相関性が低いREITの特性に着目した資金流入やオフィス賃料上昇を中心としたファンダメンタルズ改善に加 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月22日