団体, 統計・データ

その他

全宅連アンケート/消費税率アップ 75%が「住宅購入に影響」/地価先高観も浸透

 (社)全国宅地建物取引業協会連合会(藤田和夫会長)は、不動産マーケットに関する消費者の意識を聞いた「不動産の日アンケート」をまとめた。大都市を中心に地価の先高観が強まっているほか、消費税率が引き上げられた場合、4人に3人が住宅購入に影響を及ぼすと答え、うち6割が購入中止も含めて購入計画の後退を予想するなど、消費税率アップが不動産マーケットにも大きな影響を及ぼす可能性の高いことが分かった。アンケー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月22日