賃貸管理

その他

オリックス/賃貸事業を強化/東都の株式71%取得

 オリックスは17日、東都(東京都狛江市、須綱稔社長)への資本参加を発表した。既存株主から発行済株式の約71.0%の譲渡を受け、取締役3人を同社に派遣する。  今回の資本参加についてオリックスは、創業者である社長の事業承継ニーズに応え、東都が競合ひしめく賃貸仲介・管理業界において、オリックスとの連携によってさらなる成長を目指すものだと指摘。オリックスグループのネットワーク、不動産関連事業のノウハウ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月22日