地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記/自信を持って歳を重ねられたら

 ずっとお兄さんだと思って見ていた高校球児が、自分より年下になった時、ショックを受けたという人がいます。私は会社に一回り年下の社員が入ってきた時は、ちょっとショックでした。銀行の支店長というのは、常に自分より年上と決まっていたのに、いつの間にか年下となり、驚くばかりです。ついには総理大臣まで年下になってしまいました。  歳を重ねることが悪いことかといえば、そうでもなく、若い頃にはとても達することが ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月15日