不動産証券化

その他

約500億円規模の商業施設特化の第3号ファンドを組成/ダイヤモンド・リアルティ

 三菱商事100%出資のダイヤモンド・リアルティ・マネジメントは、商業施設特化型となる「ドリーム・リテール・ファンド匿名組合」を立ち上げた。総資産約500億円で、運用期間は7年間。受託資産拡大のために複数のファンド組成・運用を目指す。第1号は商業施設特化型ファンド(総資産550億円)、第2号は賃貸住宅特化型のファンド(同330億円)に次ぐ第3号ファンド。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月15日