その他

連載

日米 不動産事情(1)/資格制度について/専門資格の創設を/米では多彩なプロ養成

 日本でもようやく今年から国から取得するライセンス(免許)ではなく、業界主導の認定コース(及びその称号)が始まった。それは(社)不動産証券化協会(ARES)が主催する「マスター(Master)と呼ばれるコースで、今をときめく不動産証券化の普及に合致するコースである。募集人員が1200名のところ2000名以上の応募があったと聞いている。また、不動産の「デューデリジェンス」(Due Diligence ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月15日