その他

連載

【社説】住替えで豊かな住生活を

 団塊世代の定年退職がいよいよ今年から本格化する。その団塊世代の住み替え促進のために、有限責任中間法人移住・住みかえ支援機構が昨年設立され、今年の夏から全国展開を開始する予定だ。同機構は、約680万人の団塊世代のうち、東京近郊で生活を営んでいる団塊世代を約270万人と見ている。大垣尚司代表理事は、「この東京近郊に居住している団塊世代のうち住み替え希望者が1割あったとしても27万人という膨大な住み替 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月15日