行政

その他

神奈川県/対震改修促進で計画素案を公表

 神奈川県は、対震改修促進計画の素案をまとめた。昨年、改正施行された対震改修促進法に基づくもので、住宅の耐震化率を03年度の82%から15年度に90%に引き上げる。公共施設や病院、商業施設など多数の人が利用する特定建築物の耐震化率は05年度の81%を15年度に90%とする計画。  建物所有者に対しては国の補助制度活用、市町村の補助制度に対する財政支援、相談体制の充実、UR都市機構や県・市住宅供給公 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月15日