その他

連載

コツコツ勝つことば あすへの応援歌(368)/希望を背負う/自分の可能性を信じる力を

 人は希望を持つ時は一歩でも前進しようとする。しかし希望を捨てた時は、そこから後退が始まる。  新年の始まりには、人は明るい展望を持とうと、昨年より前進しようと、思うものだ。これは年中行事のようなもので、新年の1ページをめくる時には欠かせない。  新しい希望は、古い肌着を着用し続けていては、湧いてこない。人は希望に燃える時、その表情は輝き、希望を見失う時、その表情は曇る。希望というものは躍動のエネ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日