その他

その他

寄稿 住宅市場の透明性 日米間で大きな差/構造計算書偽装問題から見る日本とアメリカ 不動産市場の相違点/両国のマーケットを比較

 姉歯秀次元一級建築士による構造計算書の偽装問題では、構造計算書のずさんな確認体制や建築士制度のゆがみが明らかになった。全米リアルター協会日本担当の三澤剛史氏はこの問題について、「住宅・不動産業界を取り巻くチェック機能が働かなかった」と指摘する。世界有数の不動産先進国、アメリカとのマーケット比較から、これからの日本の不動産市場のあり方が見えてくる。 ■見えてきたシステムの“歪み”  耐震偽装問題 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日