その他

特集

【特集】団塊世代の大量退職時代―どう変わる不動産ビジネス/リゾートに熱視線/住宅・不動産各社が事業強化/波及効果は約4兆円/会員権売上など好調

 リゾートビジネスは景気上昇局面の最後で活況を呈し、景気が降下局面に入ると最初に影響を受ける“熱しにくく冷めやすい”ビジネスであるが、住宅・不動産業界は今、リゾートビジネスに熱い視線を注ぐ。いよいよ2007年から団塊世代の大量退職が始まるからだ。電通がまとめた「団塊世代の退職による消費経済波及効果」によると、直接的効果7兆7762億円のうち別荘購入が2兆7422億円、旅行1兆1160億円と試算、リ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日