ハウス・住設, シルバー

特集

【特集】団塊世代の大量退職時代―どう変わる不動産ビジネス/住宅メーカーも“団塊”に標準/資産活用ニーズ取り組む

 団塊世代の土地活用に熱い視線が寄せられている。持家率が8割を超す団塊世代は資産としての自宅にとどまらず、親世代から相続した豊富な不動産を抱えるケースも多く、自身の相続対策としての目的のほかに、老後の公的年金を補完する強い資産活用ニーズを持つからだ。戸建て住宅の不振に悩む住宅メーカーは、いずれも底堅い需要が見込めるアパート受注の提案営業を強化。新商品の投入や、投資を支援する各種サービスメニューの拡 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日