不動産流通・売買・仲介, 賃貸管理

特集

【特集】団塊世代の大量退職時代―どう変わる不動産ビジネス/支援制度が本格稼働/団塊の資産を子育てに活用/住宅ミスマッチ解消へ

 「住生活基本法」が昨年成立した。これにより、国の住宅施策が大転換した。それまでの量の供給から住宅ストックを生かした質の高い住宅の拡充への転換だ。この転換は、住宅の供給量がすでに充足していると判断されたもの。この住宅充足へ大きく寄与したのが、今年から退職時期を迎える団塊の世代だ。同世代の大量退職期を迎え、団塊の世代の資産を活用し、広い住宅に住めない子育て世帯との住宅のミスマッチを解消しようという住 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日