不動産流通・売買・仲介

特集

【特集】2007年上半期の展望と課題/不動産流通/市場の好調続く/強い購入意欲が背景

 好業績が続く不動産流通業界。このまま続けば、07年3月期も「史上最高」決算をたたき出す会社が相次ぎそうだ。法人部門の取引が伸び、取扱単価が上がり取扱高が前年比で3割もアップした。一般仲介も都心・高額物件が多く、件数の伸び以上に手数料が増えた。息の長い景気回復が続いているために個人・法人とも購入意欲は強い。ローン金利も低いうえ、年末に出た税制改正大綱も業界は「満額回答」と評価した。順風満帆に見える ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日