行政

その他

被災地から教訓を学ぶ/川崎市防災シンポ

 川崎市は17日、防災シンポジウムを開催する。  テーマは「被災地から教訓を学ぶ」で、NPOアラジンの牧野史子理事長、川崎市の細川顕司防災企画専門員が地震被災地の状況や孤立を防ぐ支援活動などについて講演する。  会場は川崎市産業振興会館、時間は14時~16時30分。申し込み・問い合わせは総務局危機管理室(電話044・200・2795)まで。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日