行政

その他

横浜市/景観ビジョンを策定/今後5年で規制・誘導

 横浜市は12月25日、景観づくりの方向性を定めた「景観ビジョン」を策定した。市内全域を、駅前や駅周辺、丘の上の住宅地など10地区に分類、めざすべき景観形成の方向性を示している。  具体的には、駅前では活気ある街の雰囲気を生かし街の個性を強調。丘の上の住宅地では、眺望や魅力ある坂道を生かしつつ、宅地内の庭木や斜面緑地を活用して緑豊かな景観形成を図る。一般住宅地などでは、建物の形態の一部や色彩などを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日