行政

その他

神奈川県/阿久和団地建設にPFI導入/未利用地の売却も

 神奈川県は、県営阿久和団地建設に「PFI的手法」を導入する方針を固めた。民間事業者が住宅を建設し、運営せずに所有権を県に移転するBT方式を導入。未利用地の売却・活用と一体的に進める。07年度に実施方針を公表し、08年度に事業者を選定する計画だ。  阿久和団地は、横浜市瀬谷区で1979年度から建設している県営住宅で、敷地は約31ヘクタール。これまでに1275戸を供給したが、約6.5ヘクタールが未着 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日