その他

連載

建築家・碓井 民朗のマンションの常識・非常識(186)/災害は忘れた頃にやってくる/最小限の被害で済む構造を

 早いものでこのコラムを始めたのが2003年3月ですのでもう今年で足掛け4年になります。もう今回で186号になりました。さて、今回は「災害は忘れた頃にやってくる」の諺を思い出し12年前の1月に起きた「阪神淡路大震災」での被害の教訓をお話致しましょう。新年早々あまり楽しい話ではないのですが、備え有れば憂い無しですので参考になれば幸いです。「阪神淡路大震災」が起きた当時、私はまだ「東急設計コンサルタン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日