開発, 賃貸管理

特集

【2007年上半期の展望と課題】オフィスビル/当面は好調維持/地方格差広大も

 つい2、3年前まで先行きが危ぶまれていた日本経済は、2006年末には「いざなぎ景気」を上回る史上最長の景気拡大を記録、これに呼応するように2005年春まで長期低迷を続けていた賃貸オフィスビル市場も空室率低下、賃料水準上昇と、ようやく明るさを取り戻してきた。2007年は一層の良化が期待されるが、経済動向、事業環境は刻々と変化する。東京圏のオフィスビル市場は、当面、堅調に推移するものと見られるが、楽 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日