ハウス・住設

特集

【2007年上半期の展望と課題】木造軸組/建て替え層の支持広がる/ 健康・本物志向で需要拡大/ 耐火認定にも期待/   

 木造軸組市場が活況を呈している。街の中を歩いていても、あちらこちらで木造住宅の新築現場を見ることができる。日本経済の本格回復を背景に、大手木造メーカーの受注が回復してきたのに加えて、地域ビルダーや工務店も元気を取り戻してきた。消費者の“和風回帰”なども活況を支えている要因だ。 着工も大幅増に  国土交通省によると、木造住宅の新設着工戸数は05年度に約54万5000戸となり、03年度以来3年連続で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月8日