行政

その他

住宅局/住宅保証基金を増額/購入者等救済基金も開設

 局別予算では、住宅局が住宅の売り主などへの資力確保措置の義務付けの導入に当たり、住宅保証基金を拡充する。また、住宅瑕疵保証保険で、保証機関から再保険を引き受ける損害保険会社が巨大保険金支払いの必要性が生じた時に、その支払いを確保するため、住宅補償基金から同損保会社に対して無利子貸付を行えるようにする。これらの予算額として3億円を計上。  故意や重過失に起因する瑕疵に対応するため、住宅購入者等救済 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年12月25日