賃貸管理, 団体

連載

新しい相続の形(9)/相続で成功する(3)/納税額2億を賃貸で

 ▼将来を見越した遺産分割と納税案\n 相続税の節税も大切ですが、問題は納税です。どういう方法で納税するかは、相続最大の課題といえます。相続財産の中に納税に足りる現金があれば問題はありませんが、大抵は不動産はあっても現金はないというパターン。田代さんもそうでした。\n さらに今回は、配偶者の税額軽減の特例を最大限に生かして節税しますが、二次相続では対策が取れる可能性も残しておかなければなりません。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年4月10日