不動産流通・売買・仲介, 不動産証券化

特集

住宅・不動産市場 2003年上期の展望と課題/市場拡大に追い風/J-REIT

 これからの不動産証券化市場の中心を担うと期待された不動産投資信託(JREIT)が、2002年秋で東証上場1周年を迎えた。1年経って6銘柄と、上場数こそ当初予想を大きく下回るものの、先行各社の決算は上々。いずれも予定以上の分配成績を収めており、フォロワー達には追い風になりそう。一方、証券化市場の拡大を目的に活動してきた不動産シンジケーション協議会が12月社団法人「不動産証券化協会」として再スタート ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日