ハウス・住設

特集

住宅・不動産市場 2003年上期の展望と課題/高付加価値化が焦点/多様化するニーズに対応/住宅設備

 水回りの設備機器分野は、生活者ニーズの多様化を反映して、高付加価値化が焦点となりつつある。なかでもシステムキッチン(SK)では、機能部材やビルトイン機器への取り組みが強まっている。特に、食器洗い乾燥機やIHヒーターに対する関心は高く、搭載率もアップしつつあるようだ。リフォーム対応や独自のプラン提案も出はじめた。また、システムバスでもデザイン性の向上や乾きやすい床とともに、シャワー浴提案や浴室の暖 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年10月1日