ハウス・住設

特集

住宅・不動産市場 2003年上期の展望と課題/インパクトある商品で差別化を/プレハブ住宅

 プレハブ住宅業界は今、主軸をなす一戸建て市場の落ち込みが止まらず、構造不況的な低迷にさらされている。各社の平成15年3月期の中期決算を見ると、利益面での改善は顕著であったが、受注動向では企業間に格差がでた。競争の激化だけが確かな住宅市場にあって、生き残り戦略をいかに打ち出すか、プレハブ住宅業界は正念場を迎えている。プレハブの優位性を見据えながら、コスト削減など、変化に合わせた対応が求められている ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日