ハウス・住設

特集

住宅・不動産市場 2003年上期の展望と課題/厳しい市場で着工数伸ばす/2×4住宅

 引き続くデフレの進行により、ますます雇用・所得の先行き不安感が増す中で、住宅業界も今後5年間は景気回復はないとの声も聞かれるほどである。贈与税の非課税枠拡大や不動産流通課税改善等の税制対策、団塊ジュニアが住宅取得時期にかかっていることの需要増、等の期待はあるものの、引き続き今年の市場環境は厳しいことが予想される。そうした状況下でツーバイフォー住宅の健闘が目立つが、今年もこうした傾向に変わりはない ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日