分譲, ハウス・住設

特集

住宅・不動産市場 2003年上期の展望と課題/分譲住宅

 2003年の住宅市場に願ってもない追い風が吹きそうだ。02年末に決まった政府与党による平成15年度税制改正大綱で、住宅資金贈与の特例措置として3500万円までの非課税が認められたほか、登録免許税の引き下げなど、住宅・不動産業界の要望事項がほぼ“満額”の形で認められたからだ。住宅資金贈与に限れば、現行550万円非課税から実に6倍以上もアップする。首都圏の一般的なファミリーマンションが楽々買える額で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日