行政, 分譲

連載

ワンポイント時評(926)/明和・国立マンション判決「違法建築ではないのに取壊し」/一貫性欠く司法判断

 12月18日の明和地所・国立マンションに関する東京地裁の判決には仰天した。詳細はマスコミでも大々的に報道されたので読者もご存じであると思うので蒸し返しはしないが、判決主旨を新聞で読んで大きな疑問を覚える点がいくつかある。\n 第一に、国立市の条例(20メートル以上の建築を大学通りで禁止するのが主)施行前に明和地所のマンションは着工されているから違法建築ではないとしておきながら、一方では周辺土地所 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日