行政, 分譲

その他

明和・国立マンション/高さ20メートル超部分に撤去命令/地裁判決 住民の「景観利益」認める

 明和地所が分譲した「クリオレミントンヴィレッジ国立」が、景観権を侵害するものとして、周辺住民が明和地所・入居者を相手に高さ20メートルを超える部分の撤去などを求めていた訴訟の判決が、12月18日東京地裁で行われた。同地裁は「当該地区の景観利益は法的保護に値する」と認定。大学通りに面する1棟につき、7階以上にあたる高さ20メートルを超える部分の撤去を命じた。都市景観の利益を理由に建物撤去を認めた判 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日