ハウス・住設

特集

ユニバーサルデザインの時代/住宅業界のUDを牽引

 ハウスメーカーやデベロッパーと比べ、ユニバーサルデザインへの取り組みが進んでいるのが住宅設備・建材メーカー。家全体ではなく、一機器が対象になり、商品の比較がしやすいため、一般ユーザーの目も厳しいからだ。その中でも、TOTOは「ユニバーサルデザインリーディングカンパニー」として、14年4月に「UD(ユニバーサルデザイン)研究所」を設立。ユニバーサルデザインの基準作成のため、研究員全員を本社のある北 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日