賃貸管理, ハウス・住設

特集

ユニバーサルデザインの時代/ユニバーサルデザインと環境共生を盛り込み/価値30~40%アップ/青山環境デザイン研究所((株)メセナ青山)(株)エコ・福祉住環境研究所 社長・渡辺 光子さん

 あらゆる人に優しいユニバーサル・デザイン(UD)が、住宅業界の“売り”のひとつになってきた。最近の分譲物件広告には、UDという表現が随所に見受けられる。青山環境デザイン研究所の渡辺光子代表取締役は、設計事務所に勤務後、土木・建築の設計に関連する会社を設立し、その後学校法人専門学校を創立、校長職に従事。退任後、平成2年以降、高齢社会と住環境をテーマに社会人教育に力を注いできた。UDの考えを取り入れ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日