開発, 分譲, 賃貸管理

特集

同潤会アパート再生―75年の歴史に幕/三ノ輪アパート/上野下アパート

■「危ない。近寄らないで」\n\n 朽ち果てた建造物―「三ノ輪アパート」の印象を一言で表現すると、こうなる。\n 昭和3年竣工。4階建て2棟からなり、総戸数は52戸。敷地面積は867平方メートルで、同潤会アパートの中では敷地面積が3番目に小さく、住戸数は2番目に少ない。\n 営団地下鉄日比谷線三ノ輪駅から歩いて約20分。通常の住宅街の中、異質な存在感で目に入った。とにかく、その老朽化の進行度が半端 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日