開発, 分譲, 賃貸管理

特集

同潤会アパート再生―75年の歴史に幕/現存するのは5ヶ所 青山と江戸川が実施/苦難乗り越え建て替えへ

 平成14年、青山、江戸川と「同潤会アパート」の建て替えが相次いで決まった。「同潤会アパート」は、都市基盤整備公団の前身、財団法人同潤会によって建設された、関東大震災の被災者住宅と社会施設の総称。政府系機関によるわが国初の鉄筋コンクリート造の集合住宅で、昭和元年から8年まで16カ所で建設された。現存するのは「青山アパート」など5カ所。平成12年に建て替えられた「代官山アドレス」の分譲住戸は、圧倒的 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日