賃貸管理

連載

Why not?(122)/賃貸借における保証債務(4)/子々孫々までの保証契約/永年間保証責任が判例に

 建物や土地を地主さんや大家さんから借りていた人が死亡した場合、その後の権利関係はどうなるでしょうか。民法896条は、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の『財産』に属した一切の権利義務を承継する。但し、『被相続人の一身の専属に属したもの』は、この限りではない」と規定。\n 貸主の権利が賃料支払義務のない単なる使用借権であった場合、当該権利は、貸主と借主との間限りの特殊な人間関係に基づくことが多 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日