不動産流通・売買・仲介

連載

「勝ち組」へ売れる仕組みづくり(22)/お客様を3回感動させる/「商品と接客」で惹きつける

 前回は『コンセプトの一貫性とはお客様を3回感動させること』というテーマで、野村不動産『千都の杜』を例に『広告』(1回)について分析してみました。今回は、実際に現地を訪ね、『現地・モデルハウス』(2回)並びに『接客』(3回)についてまとめてみます。\n 現地に着き周りの区画を見ます。皆様ご存知の通り、土地は更地にすると大体小さく感じます。平均58坪の敷地といっても案外狭いな!という印象に加え、電柱 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日