開発

その他

都心5区ビル空室率/平均7%台に突入/三鬼商事調査 解約予告の影響等で

 三鬼商事がまとめた「東京(都心5区)の最新オフィスビル市況」調査によると、11月末時点の東京都心5区の大型ビル(延床面積1000坪以上)平均空室率はついに7%の大台に乗った。竣工した大規模ビルが募集面積を残したほか、大型既存ビルから外部募集が相次いだことから、空室率が急上昇したようだ。\n 11月末時点の平均空室率は7・22%で、前年同月比3・35ポイントアップ、前月比でも0・71ポイントアップ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日