行政

その他

中古市場を活性化/既存住宅性能表示スタート/評価機関 17団体・企業を認定/国土交通省

 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)に基づく既存住宅性能表示制度が12月17日、全国一斉に始まった。国土交通省が同日、指定住宅性能評価機関として17団体・企業を認定、新築住宅に加えて既存住宅も性能表示が可能になった。消費者が安心して中古住宅を買える目安となる情報を提供することで、中古流通市場の活性化を図ることが目的。同省では、既存ストックの有効活用につながるとして、制度の普及に努め、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年1月2日