分譲

その他

【記者の目】天王洲地区に超高層マンション林立/中間の住棟からは壁面ばかり?/“売り”の眺望心配

 港区天王洲・港南地区がマンション激戦地として注目されている。今年中に分譲される5物件でトータル3685戸にも達する。その先陣を切った鹿島建設の「TOKYO SEA SOUTHブランファーレ」1期154戸と、伊藤忠都市開発・東京建物他「ラグナタワー」1期218戸がそれぞれ即日完売したが、戸数の多さを考えると楽観を許さない状況だ。\n それと、どうしても気になることがある。超高層の“売り”の一つであ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年4月3日