行政, 賃貸管理, 団体

その他

外国人入居のためのガイドラインまとまる/日管協/積極的受入れに前進/慣習の弊害にも言及

 (財)日本賃貸住宅管理協会(日管協、井関清会長)が国土交通省の補助を受け、昨年から取り組んできた「外国人居住安定のためのガイドライン」案がほぼまとまった。今後も増加すると見られている国内で生活する外国人が、日本の民間賃貸住宅に円滑に入居しやすい環境作りを目指したもの。賃貸オーナーや不動産業者を対象に、礼金や連帯保証人制度など日本独自の賃貸契約に必要な慣習を、どのように外国人に説明するかなど実務に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年4月3日