ハウス・住設

その他

土壌汚染調査・保証で新会社設立/伊藤忠商事など合弁で審査期間を短縮

 伊藤忠商事はこのほど、リスク評価会社のイー・アール・エスなど3社と合弁で、簡易土壌汚染調査及び調査結果に対する瑕疵担保責任の引き受けなどの新会社「プロパティ・リスク・ソリューション」を設立した。\n 資本金は1億円。出資比率は、伊藤忠商事が65%、イー・アール・エスが20%、伊藤忠インシュアランス・ブローカーズ10%、ヒロ&リーエスネットワーク5%。社長には長尾和氏が就任した。\n 土壌汚染調査 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年3月27日