行政

その他

国交省/耐震偽装改修方針決める/ヒューザーの10物件で

 国土交通省は25日、構造計算書に偽装のあった分譲マンションの耐震改修の実施方針について関係する地方公共団体などが参加している「構造計算偽装問題連絡協議会」で早急に対策を進めることを申し合わせた。  早急に進めるべき耐震改修工事等の支援は、保有水平耐力比0・5以上1未満のヒューザーの分譲マンション10棟が対象になるとともに、個々の案件の状況やその他諸事情に応じた対応を地方公共団体が行うことを妨げな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月29日