団体

その他

日住協/3月首都圏戸建供給913戸、4カ月ぶりに前年同月比で増加に転じる

 (社)日本住宅建設産業協会がこのほど発表した「2006年3月首都圏戸建分譲住宅(建売住宅)供給調査」によると、協会会員企業30社の供給数は913戸(前年同月比29.1%増)と4カ月ぶりに増加した。供給戸数は全ての地域で増加し、神奈川県が286戸(同40.9%増)、東京23区が40戸(同207.7%増)で、23区と神奈川で大幅に増加した。住宅価格は全ての地域で下落。敷地面積は千葉県と23区で減少し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月29日