不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(600)/活況を呈す大阪地裁/昨年は95%の売却率/基準価額の2倍以上

 先日、都市未来総合研究所による調査において、地方都市不動産が流動化される割合が増えたことが伝えられた。買手は不動産ファンドのSPCなどが中心のようだ。  確かに、不動産ファンド向けに複数のビルなどを纏め売りする、いわゆるバルク案件においては、地方都市の物件の割合が増加しているように聞く。これは東京圏の不動産の利回りが低下してきたことに伴って、バルク全体の利回り向上のため組み入れるという事情もある ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月29日