不動産流通・売買・仲介

その他

空室消化が依然進む/三鬼商事調べ/都心5区のビル市場

 三鬼商事(飯嶋清社長)は、東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の4月末時点での賃貸オフィス市場動向をまとめた。  平均空室率は3・29%(前月比0・12ポイント低下)。依然として、統合移転や借り替え移転、館内増床の動きが相次いだ。大型新築ビル募集状況は好調で、4月に竣工した3棟はいずれも満室稼働。年内竣工予定のビルでも、満室・高稼働を予定するビルが増加している。移転動向について ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月22日