その他

連載

2006年 米国不動産動向を探る/奥田 “サム”貞沖/住宅バブルが波及/西部地域の市場活発に/アリゾナ州の市況を探る/年2、3割の価格上昇

 米国でもとりわけカリフォルニア州では、ここ数年は住宅バブルが顕著だったが、この流れはサンベルトと呼ばれる西部地域のネバダ州、アリゾナ州へも波及しているようだ。来月に予定しているテナントの入れ替えに合わせて、数年前にフェニックス市に購入した投資物件の視察のため、アリゾナ州へ1泊2日の出張となった。また、今回は“癒しの街”として世界中から注目されている“セドナ”へも足を延ばして見ることにした。 ■ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月22日