不動産証券化

その他

勝ち組不動産ファンドの条件/資金調達能力で優劣が決まる

 日銀の量的金融緩和政策の解除後は、ゼロ金利の早期解除観測から長期金利の上昇ピッチが加速気味で注目を集めている。金利の上昇で一番ネガティブな影響を受ける分野として不動産セクターがあげられるものの、不動産ファンドセクターでは不動産の購入やファンド組成が好調さを維持。好調なファンドの多くは、銀行が「勝ち組」とみなした会社と言われている。銀行による融資先の選別強化も始まっているとされる中、勝ち組不動産フ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月15日