ハウス・住設

その他

旭化成ホームズ/売上高4000億円突破/建替え・再開発事業を強化

 旭化成ホームズ(波多野信吾社長)は、06年3月期の決算(連結)で、3期連続の増収増益を計上した。売上高は、初めて4000億円を突破し、4045億円となり前期比288億円、7・7%増となったが、営業利益は282億円で退職給付会計における数理計算上の差異償却額が、前期比22億円減少したことから8億円、2・7%減となり、決算上は増収減益となったが、実際の利益は14億円の増益となり3期連続の増収増益とな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月15日